相模原の江戸時代 (3) 下九沢・上九沢

スポンサード リンク

 下九沢

 1698年からは、佐野勝由(佐野信濃守勝由)と、加藤明教(加藤三左衛門明教)の2人が下九沢を分割知行して幕末に至った。
 加藤氏は、書院番を勤め、所領は下野国都賀郡内の6村が中心で、相模国では4村のうち、1つがこの下九沢52石であった。加藤氏が知行したと考えられる鳩川沿いは竹薮があり、毎年江戸城内の暮れの掃除道具「竹箒(たけぼうき)」にと、下九沢の竹を献上した為「やぶ加藤」と呼ばれていたようだ。

 ちなみに、この加藤明教(加藤三左衛門明教)は、豊臣秀吉徳川家康に仕え活躍した加藤嘉明の子孫の分家と考えられる。

 佐野氏は下九沢では37石であったが、合計3000石の旗本で、佐野勝由の娘は松平資俊(本庄資俊)の正室となっている。
 松平資俊(本庄資俊)の父・本庄宗資の姉は、のちに徳川綱吉の生母となった桂昌院。父・本庄宗資は800石程度の旗本であったが、あれよあれよと加増され、下野・足利藩初代藩主で譜代大名となり、のち常陸・笠間藩40000石になった。

 その本庄宗資の2男である松平資俊(本庄資俊)の正室として佐野勝由の娘が入っていた訳だが、松平資俊(本庄資俊)は笠間藩2代藩主を継ぎ、70000石で遠江・浜松藩初代藩主になった大名であり、1705年3月23日に第5代将軍・徳川綱吉より松平姓を与えられた名家である。

 ちなみに浜松藩の2代藩主には佐野勝由の2男が養子に入り松平資訓として藩主を継いでいる。

 なお、知行割の担当者であった内藤清成や青山忠成や、佐野勝由・加藤明教らは江戸に屋敷があり、相模原には住んでいない。

 上九沢

 甲斐・武田氏の末孫と称する笹野氏が名主であり、その分家から名僧・南山古梁(なんざんこりょう)が出た。南山古梁は、仙台藩伊達氏の菩提寺である瑞鳳寺(ずいほうじ)の14代住職までなった。

 笹野家の長屋門が相模原市登録有形文化財として保護されている。

 > 相模原の歴史カテゴリ  サイトマップ


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る