バナナマン 日村勇紀さん  (相模原の有名人)

スポンサード リンク

 お笑いグループ バナナマン 日村勇紀(ひむら ゆうき) さん

 1972年5月14日、広島県東広島市黒瀬町でサラリーマンの父・日村鉅さん、保育士の母・君香さん、兄の4人家族に生まれ、3歳の頃に転居して神奈川県相模原市で育った。
 子供の頃は太っておらず、色白でハーフのようなルックスで、女子にも人気が高かった。

 運動神経が良く、小学校では生徒会長、相模原市立上溝中学校ではテニス部の部長を務めていた。

 上溝中学校卒業し、神奈川県立相模田名高校在学中に、同級生と「陸上部」というコンビを組み活動を始めたが、相方が活動をやめてコンビ解散。
 神奈川県立相模田名高等学校卒業する際、芸人を目指すことを初めて父親(日村鉅さん)に話すと、全く反対されず、むしろ「他に何があるんだ?」とまで言われ、あっさり了承されている。

 設楽と「バナナマン」を組んだのは1993年。テレビに出演して知名度を上げたのは2003年ごろからで、30歳を過ぎていた為、遅咲きのブサイク芸人と呼ばれている。

 今後も、引き続き末永いご活躍を期待致しております。


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る