タグ:遺跡

  • 相模原の古墳時代

    はじめに  相模原には 旧石器時代の小保戸遺跡(約2万3000年前)、田名向原遺跡(約2万500年前)や、縄文時代中期の勝坂遺跡(勝坂式土器が出土、約5000年前)など、古くから日本に住んだ人々の生活跡が発見されて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 注目の小保戸遺跡 (相模原の遺跡)

    小保戸遺跡 (こほといせき) 約23000年前  小生が現在最も注目している遺跡。津久井城跡の南側に分布する遺跡で、比較的最近になって圏央道の建設現場から見つかり、2007年2月1日より、かながわ考古学財団による発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国指定・田名向原遺跡 (相模原の遺跡)

    国指定・田名向原遺跡  約20500年前 、国指定史跡としては日本列島最古の部類の建物跡もある約20500年前の遺構。  相模川左岸の比高11mの低位段丘上に立地している。遺跡の川寄りでは水成層の堆積がみられ、後…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国指定・史跡 勝坂遺跡 (相模原の遺跡)

    国指定・史跡勝坂遺跡 約5000年前  縄文時代中期前半頃(約5000年前)における日本を代表する大集落跡で60軒以上の住居跡が見つかるなど、関東地方における縄文時期を区分する標式遺跡(基準遺跡)で「勝坂式」と呼ば…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国指定・川尻石器時代遺跡 (相模原の遺跡)

    国指定・川尻石器時代遺跡  相模川上流域左岸の河岸段丘上に立地する標高141m付近の縄文時代中期~後期にかけての集落跡。遺跡の下層に縄文中期の竪穴住居址、上層に中期末~後期前半の敷石住居址など、合計80軒以上の住居…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国指定・寸沢嵐石器時代遺跡 (相模原の遺跡)

    国指定・寸沢嵐石器時代遺跡 約4000年前  昭和3年(1928年)7月、畑の耕作中に地表下に石が敷かれている箇所が発見され、長谷川一郎氏による発掘調査で敷石住居跡であることが確認された。  寸沢嵐遺跡(すわらし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国指定史跡 田名向原遺跡公園

     神奈川県相模原市中央区田名塩田3丁目  地図 広場の中型複合遊具  規模が大きい公園ではありませんが、子供に人気の中型複合遊具がある。  天然芝の広場の中心に人工芝を敷いて、安全性も高い遊具で、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る