タグ:狼煙台

  • 又野城(又野城山) 津久井の謎の城を特定してみた

     相模原市の津久井城に近い津久井又野に城山(245m)と呼ばれる場所があります。  又野城山とも呼ばれます。  天然の要害地形であり、相模川と道志川の合流点である沼本の渡しから三ヶ木へと津久井街道を登ってくる敵を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 仙洞寺山烽火台 相模原にある北条家の監視城

     相模原の津久井・道志川と串川の間にある仙洞寺山583mは「火海(ひうみ)峠」と呼ばれ、この山が津久井城と伏馬田城との中間点に位置することからも、烽火台として使用したと考えられます。  津久井には、烽火の火が消え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 伏馬田城山烽火台(伏馬田城、尾崎城)

     相模原から道志に繋がる、道志川沿いにあたる、藤間町牧野にある相模湖カントリークラブと、道志川に挟まれた山頂539mにある山城が伏馬田城、伏馬田峠、尾崎城、菅井の城山、尾崎掃部助城、尾崎峰、尾崎山、鐘撞丸とも呼ばれます。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鷹取山烽火台への登城チャレンジ

     鷹取山烽火台は、佐野川と上野原の間にある標高472mの峰で、郡内を治めていた武田家臣・小山田信茂が築き、北条家との国境を監視したと考えられています。  すなわち、この辺りが、戦国時代の武田家と北条家の国境となる訳でし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鉢岡山烽火台 北条家の狼煙ネットワーク

     相模原市の藤野町日蓮より南に面する鉢岡山(標高460m)。  その鉢岡山頂上から400mほど下ったところにある円錐形をした小峰458mは、地元で「鐘撞(かねつき)堂跡」などと伝わり、戦国時代の烽火台があったと考え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 上の山城 (うえのやま、上ノ山城)  相模原津久井・寸嵐の城跡

     相模原市の津久井・寸沢嵐にある石老山(694m)東麓、標高244mの台地にある山城で比高は20m。  台地には屋敷などがあり、その断崖の小高い山に城が築かれたと伝わり、津久井城の出城と言う位置づけとして小田原北条氏が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 嵐山城(嵐山烽火台) 間山城(間山城峰烽火台)

     現在の相模原市の相模湖畔に、嵐山と呼ばれる標高406mの山があります。  戦国時代には小田原城の北条氏が築いた狼煙台が、この嵐山にもありました。  山頂の産霊宮水上神社から相模湖を見下ろす眺めは神奈川景勝50選のひ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 烽火台・狼煙台とは

    烽火(のろし、ほうか)・狼煙(のしろ、ろうえん)と呼びます。(下図は烽火台)   日本では戦国時代に発達した、敵の来襲を急ぎ知らせる為の通信手段の1つです。 中国では紀元前200年頃シルクロードに設置さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る