タグ:姫

  • 相模原の戦国時代の城郭・史跡ヒストリア-訪問記・写真付

    相模原の「戦国ヒストリア」と称して、相模原市内の戦国時代における史跡・城などを写真と解説付きで、アクセス方法・行き方・駐車場情報・観光所要時間なども交えてご紹介させて頂きます。 相模原で勉学に励んでおられる小学生や…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 津久井【三姫物語】

     相模原市の津久井地区には3人の姫の伝説が残る。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 白百合姫伝説を検証

     前頁では「白百合姫」に関する伝説をご紹介させて頂きましたが、2つの伝説を検証してみます。  まず後者の明王峠近くの長者屋敷の姫の件ですが、当初、どのような人物なのか、全くわかりませんでした。関連して、重方と言う名…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 白百合姫伝説と石投げ地蔵嬢が塚

     津久井三姫物語でもご紹介致しておりますが、津久井には姫にまつわる伝説がいくつかあります。  相模原市の白百合姫に関するご紹介です。 (さらに…)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 神の川に身を投じた折花姫・相模原のお姫様伝説

    戦国の世にさる国から追われ、丹沢山塊の麓を流れる神の川に身を投じた折花姫  武田家臣としては戦陣での使番であるムカデ衆(大百足差物衆)の武将であった小山田行村(小山田八左衛門尉行村、小山田八左衛門、小山田彦之丞)は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 串川の由来でもある櫛川姫の悲しい恋の伝説

     津久井城に近い場所に鳥屋と言う村があり、その村の真ん中をゆうゆうと川が流れていた。  川の下流には横笛を好む若者がおり、その若者は毎晩岸辺に立って笛を吹いていたが、ある月夜の晩、若者は足の向くままに川上へと笛を吹…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 雛鶴姫~後醍醐天皇の第1皇子である護良親王の子を宿すも秋山へ

     護良親王幽閉の際に寵妃として仕えていた雛鶴姫(ひなづるひめ)と言う女性の悲劇についてご紹介したい。  護良親王については、淵辺義博の中などで詳細を記載しているので、是非ご覧願いたい。  1335年7月23日、中…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る