相模原の一部も知行していた徳川忠長

スポンサード リンク

 将軍争いに敗れた徳川忠長

 徳川忠長(1606年~1633年)は徳川幕府二代将軍・徳川秀忠と正室・お江与の間に生まれた男児で、3男にあたる。
 お江与は、浅井長政とお市(織田信長の妹)の間に生まれた三女で、姉は茶々=豊臣秀吉の側室・淀殿。

 徳川忠長の幼名は国松。生母のお江与が育てたこともあり容姿端麗だったようで、父と母の寵愛を受けることになり、一時は次期将軍と目される。病弱であった兄・竹千代(のちの3代将軍徳川家光)もお江与の子だったが、乳母であるお福(のちの春日局)が育て、お江与とお福との間で次期将軍争いの確執となった。よく春日局のドラマや映画で出てくる話である。

 1618年甲斐国に180000石。1620年元服し徳川忠長となる。

 結果的に長男であった徳川家光が3代将軍に就任すると、翌年1624年徳川忠長は駿河国・遠江国を与えられ甲斐国を合わせて550000石を領する。駿府城下の整備などで、兄・徳川家光にも劣らない優秀な政策手腕を発揮している。

 1626年8月19日には従二位権大納言となり、駿河大納言と呼ばれるが、1626年9月15日母であるお江与が54歳で死去すると、その後、理由なく農民を切ったり、家臣の手打、殺生禁断の駿河浅間神社で猿1200匹を狩るなど、数々の奇行が目立ち、大御所・徳川秀忠は徳川忠長の出仕を停止しする。徳川忠長は徳川秀忠側近の崇伝らを介して赦免を乞うが、1631年5月甲府での蟄居を命じられる。徳川秀忠の死後の1632年10月20日には、徳川家光から駿河・甲斐両国を没収され、高崎(上野国)へ幽閉。処分が決定しないまま1年が過ぎ1633年12月6日に高崎城で自刀。享年28歳。

 相模原では大島・上九沢・下九沢上溝・下溝・当麻田名・新戸・磯部と領していたが、改易された際に没収され、徳川家光の信頼厚い松平信綱が1633年忍藩主になった際にそっくり与えられたようである。

 日本の歴史 武将・人物列伝


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る