スポンサード リンク

 現在の相模原田名にある水郷田名と、愛川町小沢の相模川には「高田橋」がかかるが、昭和の時代までは小沢の船渡しがあり、古くから交通の要所だった。
 相模原川から見ると水郷田名の古い地名で「久所の渡し」と呼ぶ。

 特に、戦国時代、小田原北条氏が相模国を統一すると、北の守りである滝山城(八王子)と小田原を結ぶ経路の1つとして重要な役割を持った。相模川から西の10村で船2艘を所有し、舟渡しを行うことを小田原北条氏から許されていた。

 また、江戸幕府になってからは、相模川に橋を掛けることが禁じられた為、小沢の渡しは続き、新編相模国風土記(1840年前後)には「渡船場が相模川にあり、武蔵国八王子に行く所に、船二艘を配置。高座郡田名村と結ぶ」との記述がある。

 日本の歴史 武将・人物列伝 相模原公園王国


スポンサード リンク

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ 
Pocket
保存
はてな
ブックマーク
Google+
シェア
Follow on Feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る